2010年06月28日

二日続けてカレーの日

pink-b2.jpg

いつもは手に持って歩く携帯を、昨日と今日はムシムシしていて
ジーンズのポケットにしまいこみ、ハンカチを手にして歩くような
気候。こんな湿度の時、毎年訪れる「カレーの日」。
昨日は友人と神楽坂茶寮で夏野菜キーマカレーを
今日は・・・23時30分に御仕事を終えるスケジュールだったので
途中でショップ99で購入した野菜カレーのレトルトを・・・
スクールのHPのupが遅れているので欲求が満たされないイライラを
どう消化しようかと・・・うん、得意料理の自前カレーを
つくって食べようかなぁ。
カレは、とうに満腹だから、美味しいカレーでストレス発散♪


posted by junko at 23:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

職業意識

temari-2.jpg

先ほど仕事が終り、洗濯物を濯いでいる間に
ちょっと考えたことがあってパソコンを開けています。

何を「生業」にして生きていくかは、ひとつの自己表現だと
思います。実際、職業を選択する時に、何を基軸に選ぶかも
自己の人生観にもつながる価値観構築です。

自分の職業観としては「何をしたいか」よりは
「何が出来るか」というところで選択してきたようにも感じますが
これが使命などと呼べるものではなく
それでいて、ひとつの職業に対してプロとなるわけですから
その姿勢としては、対価をもらうということに対して
物凄く慎重で、貪欲に成果を自身に対して求める責任が
付随してくるものだと・・・私は思います。
妥協が許されない職業意識を持てれば、巷で言う
モチベーションを上げようなどということも必要ないはずで
「何故、モチベーションをあげなくてはいけないのだろうか」と
いつも疑問に思う自身がいます。

ただ、ただ、淡々とこなしていくだけの毎日ですが
相手が視界の、ほぼ全域に客観的に治まっていくとも言える
カウンセリングという職業・・・本当に相手のことを考えること
と「同情」を寄せることとは異質のものです。

砂糖のような「母性」が蔓延している業界に必要な「父性」とは
如何なるものか・・・それは、カウンセラー自らが
自己の「母性」と「父性」をきっちりと確立していくことに
他ならないように感じます。
それを考えると・・・やはりカウンセラーは自己への
「甘え」を自分自身がとらえていくこと
自分から「言い訳」を抜いていくこと・・・そんな
職業意識の確立を目指していきたいと、ふっと思ったところでした。
洗濯物が出来上がりました。
二層式洗濯機愛用者で、乾燥機にはかけないので
これから干さなくっちゃ♪
posted by junko at 21:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

喫煙

natu_momiji-1.jpg

私のルーム「Concierge順子」は、住所は新宿区ですが
丁度、千代田区と文京区に隣接していて
今日は雨の中、千代田区飯田橋にあるスクールまで
歩いて行って掃除をしてきました。
http://www.concierge-junko.com/
http://integralcounseling.web.fc2.com/

千代田区は、日本で初めて「喫煙歩行」に罰金を加えた区です。
そりゃ、おっしゃる通り煙草を手に持って歩くのは危ないです。
でも、千代田区では喫煙者の為に飯田橋駅ビルの外に
何箇所も喫煙所を作ってくれています。
今日は雨でしたので、屋根がある所で起立喫煙でしたが
駅ビルの外には、結構、広めに椅子に座って吸える喫煙所が
かなりの数、設置されています。

加えて飯田橋の駅、東口を少し歩くと
喫煙コーナーという空間がビルの1階に設置されていて
仕事の合間にイップク出来る場所が確保されています。

憲法上の権利である喫煙も
巷では依存症と言われ、肩身の狭い思いをしています。
そして
煙草のパッケージには「喫煙は、あなたにとって肺気腫を
悪化させる危険性を高めます」と記載されていて
なんだか・・・吸っている方は、わざわざ、こんな文字を
読まなくてはいけなくする販売側に違和感を感じます。
喫煙者が異端者ならば、憲法改正から論議していくのが筋だとも
思いますが・・・。
愛煙者としては
むしろ、千代田区のように認めるところは認めながら
何処が問題点なのかを曲解せずに
分化していくことの方が効果があると思います。

以前は喫煙できる場所が街中に存在していたように思います。
「煙草を止めないという意志が強い」人たちのために。


posted by junko at 00:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

7月・8月のインテグラル

koten-kagami-2.jpg

日中の気温も上昇し、ワールドカップ開催の
暑い季節を感じています。

まだ夜は涼しくて過ごし易いので
少し前から、2時間ほど睡眠時間を削っています。
「24」というアメリカのテレビ番組のDVDに嵌ってしまいました。

国家に洗脳されているかの程を醸し出している
テロ対策(CTU)機関に従事しているジャック・バウワーという
男のストーリーは、まるでプロパガンダのように展開し
黒色人種の大統領が暗殺されたり
テロ集団が異宗教徒だったりで、国家を支えるバウワーが
孤独を背負いながらも、それに従順に反応するという物語は
かなり、私の反抗心を刺激もしますが
娯楽としては、結構、楽しめて面白いです。

でも今日は、朝早く起きてHPをupと・・・ちゃんと御仕事

http://integralcounseling.web.fc2.com/ibent-page2.html

7月・8月の日本インテグラル・カウンセリングスクールです。
カウンセリングは無常識の世界にて人をとらえますが
個人に戻って、カウンセラーという衣装を脱ぐと
やはり、そこには「思想」が存在しているはずです。
結婚が、誰と如何生きていきたいかという自己哲学であるのなら
国家も、一国民として、現実の日本と向き合い
如何進んでいけばよいのだろうかという自己思想が
脳裏に過ぎるのが有権者である私たち・・・
苦悩は、けして、自己に留まらず・・・気概を持って学ぶことの
楽しさを味わっていきたいと思う「学びの舎」でありたいと
「24」を観ながら・・・
普遍的真実とは、見つけられぬものであったとしても
メディアの言うなりに感化されるものではないこと
己の中の真実だけは、曇りなき一点を見つめたいと思っています。
posted by junko at 13:48| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

復縁

ajisai_chou-4.jpg

ただ今、「復縁」というタイトルで、DVD製作のために
文章の下書きの御仕事をしています。
DVDに出演するのも私です・・・。爆! ! !
そういえば・・・先日、TVにも・・・爆
とっくに、放映終わったから告白、爆! ! !
露出が多くなるとヒヤヒヤしている私です。何故???(=_=;;;

女は目に見えないものを、目に見たいと願い
男は費やした自分自身へのこだわりを手から離さないと願い
互いに蜃気楼の中に現実を忘れる・・・そんな恋愛絵巻の終焉は
一滴の未練が、尾を引くと
「復縁」・・・誰に対する執着なのか、何に対する恋慕なのか
戻るに、戻れぬ時なのに、いつも願うは人の性・・・
「永遠という幻想」。

過去を振り返ることが少ない私は「復縁」を
考えたことが無いかもしれないなんて思いながら書いています。
だって過去の相手を・・・全員は憶えていないんだもん♪
posted by junko at 00:56| 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。