2010年08月30日

変化〜人は変われるのだろうか〜

tessen-s2.jpg

「過去と他人は変えられない」
心理学で、よく耳にする言葉です。
では・・・自己変容は可能なのでしょうか?

人生をリセットしたい、自分を変えたい、自分が嫌い
ゲームの中の逃避のチャンネルは、バーチャルという「楽」な生を
人々に与え続けるけれど
人は所詮は「現実」に還るしか生き抜くことは出来ない・・・
そんな時勢に対して・・・人間が「変化」するという視点で考えてみました。

大いなる衝撃、現代にとってのインパルスとは・・・?

変化〜人は変われるのだろうか〜
http://www.concierge-junko.com/cafe/diary/con_new150.html

読んでみてください。
posted by junko at 21:26| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

六華の夜

hoozuki-5.jpg

今日から日本インテグラル・カウンセリングスクールの
第2期の講座が始まりました。
http://integralcounseling.web.fc2.com/
通常の専門学校とは違って、1講座、1講座
銘々の好きな講座を受講して資格が取れます。
どんな講座を取得すべきかは毎週日曜日に
現役のカウンセラー・松本久美子が直接、御相談に乗らせて
いただきます。

私のカウンセリングルームがある神楽坂の次の駅が
飯田橋、スクールは飯田橋駅徒歩1分
駅1つ・・・歩かないと、ちょっと食べ過ぎの私は
20分ほどプラプラと大久保通りを歩いて通勤。

でも、土曜日は、いつものコースを通り過ぎ
九段下方面へ向かい六華同窓会事務所で会議をして来ました。
実は
私のカウンセリング・スクールと
高校時代の同窓会事務所とは目と鼻の先にあり
すっかり、飯田橋東口がテリトリーとなりました。

伝統というか・・・長い、長い歴史を持つ母校の
かなり、大々的にホテルで開催される
パーティ(お祭り???)は、卒業年度ごとの担当で
昔から、やんちゃだった私は来年度の
その盛大なパーティの実行委員・・・(笑)。
今は・・・す、す、すごいっ
たぶん、日本を支えているのだと言われるかもしれない
同級生たちを「おやじ」と呼び傍若無人。
これって、仕事関係で会うと接待なんかして
緊張するのだろうけれど
なにせ・・・彼らの10代を知っている特権があり
会議が終わってから懐古を語りながら
焼き鳥で打ち上げ・・・。

札幌南高は卒業式が「仮装パーティ」となり
生卵などが飛び交っていたのですが
昔は、こんな卒業式は珍しかったので
週間ポストなどが取材に来たりしたのです。
だけど、全国に仮装の卒業式を広めたのは
私たちだったらしく・・・
学生運動に、ひとかたの敗北と寂寥を感じて生きた
私たちの自己表現が、そこにあり
それが・・・いつまでも、いつまでも
「おやじ」たちの心に残っていることが嬉しいと感じた一日でした。
「抵抗」レジスタンスを忘れない生を・・・
いつまでも、今生で持ち続けて生きたいと。

posted by junko at 20:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

麹町の鍼灸院に

suiren-1.jpg

昨日は午前中から
8月29日(日)から始まる「初級講座」の用意と恒例のスクールの御掃除に
行って来て帰ってきてから夜まで7本のお仕事しました。
初級講座も、秋の講座も、まだ受講お申し込み可能です。
http://integralcounseling.web.fc2.com/kouza_syo.html
カウンセラーにも、カウンセラーになりたい方にも
ちょっとカルチャーしてみたい方にも
充分、ご満足いただけるお勧めの講座です。
初級講座は日曜の14時〜です。
ホームページ見てみてね♪

少し・・・昨日の、身体の緊張からのコリがきていたので
今日、御仕事開始前、朝早くに高校時代の友人の奥様の
鍼灸院に行かせていただき楽々モード
先端恐怖症気味だった私も、奥様の暖かな声がけのおかげで
針に恐怖突入! ! !
今は・・・ちよっぴり大丈夫です。
怖いものには突入して慣れろ!なのに・・・誰も私に突入してくれないから(笑)
今日も一人で、快適に悠々自適でくつろいでいます。
「あ〜〜、一人は楽でいいわぁ♪」
posted by junko at 23:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

〜楽〜

momo.jpg

友人・Aちゃんの差し入れ「桃のケーキ」です。
ザラメ砂糖がケーキの下に、少しだけ散りばめられていて
旬の桃と、丁度よいかげんの生クリームと
舌の上で混ざり合い、とっても美味♪
もう夕食には遅いから、ケーキを夕食にしようと
思ったら・・・食べ終わってから食欲が増して
また夜中食しちゃいました。(=_=;;;

「生きていて楽しいことはあるか?」という命題
少なくとも、私は楽しむために生きているのではなく
人生を楽しむために生まれたのではないと思っています。
唯一、言えることは、たまにこうして
心のこもった差し入れなどをいただくと
それが「楽しい」ことにつながります。
結果、楽しいなぁと感じられるからです。
楽しいことを目指しても、それが何だか解らない場合
生きてみて、嬉しいなとか、楽しいなとか
瞬間に感じられたら・・・それで充分なのだと思います。
そして〜楽〜というテーマをかかげた時
桃のケーキを楽しいと思った私より
私に桃のケーキをもたらしてくれた貴方の方が尊いのだと。




posted by junko at 23:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

ガレットIN神楽坂

garre.jpg

昨日、日本インテグラル・カウンセリングスクールの
「森田療法」を担当している
本間智幸講師と人気の神楽坂「ル・ブルターニュ」へ
行って打ち合わせ???勉強を教えて???いました。
↓本間先生は、ここのページの下方に載っています。
http://integralcounseling.web.fc2.com/kouza_chu-4.html

お昼時は、並んでいて、いつも入れないお店です。
ガレットとクレープとアップルジュースのコースを
食べて・・・特にガレットの塩味がきいていて美味しい♪
http://www.le-bretagne.com/j/top.html

お店を出てから「飯田橋駅」に向かい
駅前の橋を渡る人たちの流れる人並みを見ながら
道往く人が、何を抱えて、何を思い、毎日、こうして
歩いてゆくかを語り合いカウンセリングの学びをしながら
NPO法人の社会に対しての方向性を再確認し
おそらく、それは揺らぎの中で生きていく性を持つ
「人間」に、とって忘れ去られた何かであることを
そう、過去には、あったはずのもの
人が自分の中に必ず内在しているはずのもの・・・
漠然とでも自己が生きるということを、こうして雑踏に入りながら
考えていた一日でした。
答はまだ見つからないけれど、そして答などないのかもしれないけれど
人が作り出した「浅はか」という文字は
現代から消去していきたいと思いながら。
posted by junko at 19:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

白くまアイスを食べながら・・・

kuma.jpg

日が落ちた、22時に抜け出して得意のショップ99まで行って
夏の定番「白くま・練乳味アイス」を購入。
練乳味の他に、パイン・黄桃・小豆甘納豆が入っています。
食べながらHPのupの作業をしていました。だから・・・ご機嫌♪
製造元が奈良県になっているので、有名な白くまアイスとは
違うのですが甘くて美味しいローソン商品。

日本インテグラル・カウンセリングスクールも
8月末の日曜日から第2期に入ります。
ひとつ、ひとつ、受講できます。学びと共に成長していきましょう!

http://integralcounseling.web.fc2.com/ibent-page.html

白くまアイスの香り漂うHPを是非、御覧くださいませ。(^_^)
posted by junko at 00:09| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

ヒンヤリと過ご〜SAW〜そう

s-bear-s2.jpg

飯田橋にあります日本インテグラル・カウンセリングスクールの
次期、生徒さんの勧めで「SAW(ソウ)」という映画を
合間に少しずつ観続けています。
彼女は某有名私立大の哲学科を卒業していて
ユング心理学についても専門を学ばれています。
先日「河合先生と林道義先生」の
ユング心理学の違い〜日本に何故、ユングが曲解されて
伝わったのか〜など、いろいろ御話できて・・・とても、生徒さんとは
言えないくらいの知力の持ち主。
ひぇ〜私の講座も頑張らなくては! ! !(笑)
http://integralcounseling.web.fc2.com/
↑人間探求に興味ある方は、こちらをクリックしてみてね♪

真夏の夜にヒンヤリと出来るサイコスリラーとでも申しましょうか・・・
でも、この映画「生と死」が描かれていて死に直面することで
人間がどれだけ、一杯のお水を美味しいと感じられるか・・・
本来、感受できるはずの「生」を、人間が見落としていて、どれだけ
「生」を生きていないか・・・。
そこが、人と人の絆すらも皆無にさせている世界を築いてしまった
人の業であると説いていて
なかなか、ずっしりと心に沁みる「テーマ」です。

主人公の連続殺人犯
SAWの信念病理(自己が、自己に確かな確信を持てるものなど
幻想病理であるであろうと思います)と
防衛機制(自分は何人も裁いてはいないという言い訳)は、感じられますが
6巻までのシリーズを、つなぎ、つなぎで観ていて
残すところ一巻だけです。

SAWというニックネームは、ジクソウから付けられたらしいですが
パズルを完成させる時、私は後1ピースとなると
パズルをひっくり返します。
「ゲームオーバー」→観た人は、解るかな・・・(=_=;;;
完全な人生などは、幻想であるとばかりに・・・。
posted by junko at 23:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

猛暑の東京へ・・・

uchiwa-6_1.jpg

夜フライトの飛行機で東京へ戻ります・・・。
北海道から猛暑の東京へと向かい、また暑い(熱い)日々を
送りたいと思います。
長い間、ご迷惑、ご不自由をおかけしましたが
「カウンセリングハウスConcierge順子」
http://www.concierge-junko.com/
明日、18日より休まず開業させていただきます。
体温より高い日中、お気をつけていらしてくださいませ。
また御予約の方、承っております。御連絡お待ちしております。
posted by junko at 11:16| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

シェパードの受難

s_iu_sakura_1.jpg

8月15日、終戦記念日
大日本帝国では、毎年、8月に入ると「戦争」を意識し始め
「原爆」「特攻」「回天」「沖縄」「侵略」などの文字が
メディアに飛び交います。

しかしながら、少し前まで「友愛」・・・「世界共同体」を叫んでいた
首相を選出していた我が国の国民にとって
その視点から発言すると、決して「戦争」は終わってはいないはずです。
そして、社会という枠を考えた時に経済至上主義で
世界が回っている現代において・・・戦争は回避できない危惧として
今もその危機は続いていると・・・私は思っています。

昨今、こんな記事を目にしました。
米帝国の軍用犬、ジャーマンシェパードのジーナ(牝2歳)が
イラクで爆弾探査、不審人物の操作の業務を終えて帝国に帰還したところ
PTSDの症状が診られ、軍宿舎の部屋から出そうとすると
脚をツッパリ、物陰にこもり、尻尾を股の間に挟んで恐怖を表現する
ようになった・・・と。
つまり帰還兵の方たちと同じ症状だということです。

世界規模で人間の存在である「死の恐怖」を感じながら
孤立化した人というものが・・・発展という力の増幅をかけてまで
手に入れようとしているものは・・・平和ではないことは
明らかです。その力の増幅が、必ず孤立を生じることを
知りながら・・・人は何を得ようとしているのでしょうか?

それにしても・・・「軍用犬」ってなに?????
posted by junko at 12:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

ドマーニ9月号

doma-1.jpg

5日より、札幌に帰省しておりますが・・・以来
30度を越す毎日、でも湿度がさすがに低くて過ごし易い毎日を
送らせて頂いています。

東京では、自宅からあまり外出しないので(爆)
こちらで、たまたま買い物がてらスーパーの本屋さんに
立ち寄って、先日、小学館さんから依頼していただいた御仕事を
「ドマーニ9月号」を見つけ出して思い出しました。

i-phoneを、どの指でタップするかで性格分析するという
私の御仕事が220ページに載っていますので、見てみてくださいね♪
「指」って歴史的にも意味ほ持つし、脳ともつながっているんです。

そういえば・・・昔、昔、その昔
「893(歌舞伎町に多かった人)さんたちが、詰められる指は
どうして小指なんだろう?」という疑問を調べたことがあったっけ♪
posted by junko at 21:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。