2010年10月30日

訳あり・・・

ku.jpg

神楽坂駅前にあるスーパー「キムラヤさん」で
先日、訳ありバームクーヘンを購入。
台風の一日、7時間かけて
ほーーんとうに久し振りの大掃除をした後に
甘いもの補給。
訳あり商品が大好きな私。
得した気分と、庶民のミカタ♪

訳ありスイーツ、訳ありバナナ、訳あり煎餅・・・
そして、人も訳わりの方が
味があるかなぁ・・・。
posted by junko at 23:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

APEC 横浜

yamasita.jpg

午前中に横浜に行って来ました。
目指すは高校時代の先輩たちがいる「横浜中華街・萬珍楼」。
日本大通りを間違えて「にちだい おおどおり」と読んでいて
合流した同級生に笑われてしまった私・・・、駅の出口で
立っていた御巡りさんに道を尋ねたのですが
今一、???、えっ、御巡りさんが何故、道があんまり解らないのかなぁ?
と、見ると「富山県警」という腕章。

横浜は、全国から腕章を付けた御巡りさんが集まり
APECの前の厳戒態勢でした。

無事、萬珍楼に着いて、15分足らずの任務を果たして
何故か、チャーハンを2度も食べたので
山下公園まで御散歩しました。
風があったためか・・・今日は、塩の香りが漂っていて
こちら日本の中華街にはデモも無く
折り合いもつかない国家の臭いも無く
のんびりと写真を写したり、友人と煙草を吸ったりと
のんびりと遊んで帰宅しました。

最近、なんだか高校時代の友人たちと遊んでいるような・・・。
(本当は来年の同窓会の御仕事ですが)
ちなみに・・・2度ほど中華街で食べたチャーハンよりも
私の日本風炒め飯は、自信あり! ! !
posted by junko at 21:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

焼き葱なめたけ

name.jpg

水曜日に日本インテグラル・カウンセリングスクールでの
初めての自助グループ「キュアノス」を開催し
仕事の合間に、勉強と初級講座の卒業式の準備など・・・
ドタバタと日にちが過ぎていきます。
http://integralcounseling.web.fc2.com/ibent-kiku.html

土曜はヘロヘロになって夜半に帰宅したのですが
待っていてくれたのは
スクールで交流分析を始めいろいろな講座を
担当してくださっている眞田加代子先生から
写真の「焼き葱なめたけ」と「オリゴ糖」が届いていて
わぁ♪嬉しい&美味しいお心遣い♪
http://integralcounseling.web.fc2.com/kouza_chu-7.html

土曜日は札幌南高等学校の同期と飲んでいて
(私は下戸なので、私だけカルピスでした。初恋の味・・・
うーーん、思春期の味を思い出します♪→でも初恋は未だかも(笑))
先輩たちや同級生の活躍している話となり
政財界は、もちろんなのですが
「やはり・・・2・26事件の故・村中孝次陸軍大尉か
テレビドラマの水戸黄門の風車の弥七の中谷一郎さんなのでは?」なんて
突っ込んでみました。


同窓会の事務所も飯田橋駅と九段下駅の間にあるので
ここ数日、一日に二度は往復していたので
少しだけシェイプアップして、ヘルシーな焼き葱なめたけも
いただき・・・寒い、寒い、冬に備えようと思います。

高校時代、少女時代???
思い出に浸る年齢は、もう少し残っている社会関与に対して
いろいろな側面に名を残している先輩たちや同級生に
感化されながらも・・・ペシミストの私は
うーーん、クーデターねぇなんて、古の時代に美しさも
感じながら、何故か固まってしまった一方向性の20〜21世紀に
学問を重んじ、名よりも実と学んだ母校の精神と自由を
自らに奮い立たせる日々を送っています。
何が楽しいか・・・それぞれにあるのでしょうけれど
広い視野をもった学びは、貨幣一辺倒の時代に、人間としての
内実をもたらしてくれることを信じたいと思います。
posted by junko at 00:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

Personarlity Disorder

momiji-mai-2.jpg

ひょんな事から、11月21日(日)の10時〜の犯罪心理学の講義
「宅間守から学ぶ妄想性人格障害」の講義を担当することになりました。
3,000円と受講し易い講義ですので御時間がある方は
下記より御申し込みください。

http://integralcounseling.web.fc2.com/toiawase.html

今日は御仕事してからスクールで講義して、戻ってからの
御仕事を終えて「Personality Disorder」について
日本で起きた犯罪から、更に深く勉強していました。
「人格障害」というと聞こえが悪いとし「パーソナリティ障害」と
言う方たちもいますが、ここが犯罪心理学を学んでいくと
その心の闇なる部分は、自分も持っている可能性があるのかもと
理解できたとしても、行動だけ捉えてみると
うーーん、やはり、理解に苦しんでいて、しごく、かなり客観的な分析と
なり、しかしながら、一度、学んだ医学的な見地での人格障害を
犯罪心理学的見地から、そんな生易しいものではないのだと
覆されたりもして楽しいです。
一応、自我未熟の原始的防衛機制なども、しっかりと憶えては
いるのですが・・・汗。

担当の「宅間守」を学ぶ前に、神戸の酒鬼薔薇、オウムの麻原
宮崎勤などを、ずっと調べていました。
カウンセラーなども読んでいる著作で有名なM精神科医の
「妄想性人格障害と自己愛性人格障害が交差して合流し
パラノイアになって、次は反社会性人格障害・・・」なんてくだりは
まさしく麻原彰光を彷彿させていて納得の気がします。

興味深い学びだけれど・・・人間そのものの闇が
どんな無意識の琴線スイッチに触れたら、こんな行動になるのかと
うーーん、やっぱり理解が出来ないまま
学び足りない自分に自己嫌悪しながら、今度は
アメリカのテレビ番組に多い、事件ものを借りてきて行動分析したりと
なんだか、私、学びを楽しんでいるような毎日です。

少しでも、深く深淵に沿いながら・・・良い講義を展開していきたい
それが仕事として金銭をいただくということなのだから。
posted by junko at 01:52| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

北海道むかわ町

s-rose_beru-s4.jpg

ノーベル化学賞を受賞された鈴木北大名誉教授の
ニュースで有名になった、ししゃもの産地として知られる
北海道むかわ町、鈴木名誉教授は、この町の御出身で
いらっしゃいます。

私にとっても、むかわ町は、ちょこ、ちょこと御邪魔する
心安らぐ場所です。
なんで、行くの? はい、カラブランが住んでいるから・・・。笑。

いつも苫小牧から単線の日高本線に乗って
「むかわ駅」で下車、そこからタクシーを無線で呼んで
10分くらいのところです。
ポッポッとある商店の軒先では、ししゃもを干している光景が
あぁ、むかわに来たなぁと実感です。

「ししゃも」というと、北海道産ししゃもと
カラフトししゃもがあるのですが
道産ししゃもは、カラフトのより、小ぶりで色味が薄く
皮に光沢があります。
個人的には、こちらのししゃもの味が好きです。
中でも「むかわのししゃも」は天下一品。
是非、北海道にいらした時は、こちらのししゃもを食べてみてください。

鈴木名誉教授の御研究は特許をとっていないとのこと
この鈴木氏の姿勢は、日本の技術力を世界に広め
必要とされる良いものを広めていきたいという志
確かに日本は資源が無い国、科学技術の発展を支えていかなければ
日本という国の存在も揺らぐということは確かな事実です。

巷では拝金主義に傾いてしまった「傾国の時代」
どんな分野においても鈴木名誉教授の志は大切にしていきたいものです。

衣・食・住、ここの基本が成立していて
後は何を望むか・・・未来に対する不安ばかりが
そして過剰に蔓延している欲望が、人を空虚に立たせている今
何故に「坂本龍馬」に心が向かうのか
人間の内実というもの・・・お金では買えない何かを
求めている自分自身を救うのも、自分自身の生き方なのだなぁと
むかわのししゃもとカラブランを思い出しています。

むかわ町ってどんなとこか知りたい方は、こちらを覗いてみてくださいね。
↓  ↓  ↓
http://www008.upp.so-net.ne.jp/manmaruishizaka/ishizaka_001.htm



posted by junko at 20:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

祝杯

kanpai-s1.jpg


ノーベル賞を受賞した鈴木博士の出身大学
北海道大学に進学する生徒たちも、たくさん送り出している
我が母校、札南の同級生が、上海から東京に出て来ていると
かぎつけ、今日はT君と、来日中(?)のS君と
新宿で待ち合わせてイタリア料理を囲み思い出話をしてきました。
今日は久し振りに、思いっきり遊んだ気分です。

↓美味しいお店でした。満足♪
http://www.la-verde.jp/shopinfo/shinjuku.html

中国では煙草1箱100円くらいだそうで
日本でキャ〜キャ〜、次はわかばだと言っている私の隣で
悩んでいないS君は、2年の時の同級生。
あまり変わっていないけど、やっぱ年齢はお互いに(笑)。
でも、素敵な年輪を重ねているみたいで
懐かしかった〜。

我が母校、生物の授業で「ひよこの解剖」をさせられたのですが
私が「ひよこ」と「死体」とを取り替えて受講させろと
反対運動をしていたのを覚えていてくれて感動! ! !
この運動が実ったか否か・・・は、定かではないですが
数年後の実習は「鮒」になっていました。
(私の主張は「人」だったのですが。)

質実剛健・文武両道・自由奔放・すすき野万歳が
母校のモットー。
S君・T君、楽しい夜をありがとう。

posted by junko at 01:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

凍える鏡

note-7.gif

自己愛性人格障害を描いた映画があると
ものの書で知り、早速、TUTAYAで「凍える鏡」というDVDを
レンタルし鑑賞しました。

自己愛性人格障害は通常、過保護の母と父親不在のケースが
多いと言われますが、映画の主人公は虐待を受けた絵を描いている
少年・・・臨床心理士を娘にもつ母親である渡辺美佐子さんが
その少年と関わる様を作品にしています。

「怒り」を収めることが出来ない少年のカウンセリングを
娘である臨床心理士がするのですが
途中、転移感情の壁にぶち当たり、自身が結果、共感も受容も
出来ていないことを知ります。
それに加えて、世間の人には「人格障害に対する偏見」を
説くくせに、私生活の自分は矛盾だらけで、偏見だらけで
自身が病んでいる臨床心理士が物語の設定です。
ここは、現実っぽいような気もします。(笑)。

少年は傷つき、渡辺美佐子さんと、雪が積もる田舎町で
暮しますが、少年を養子にすると言い出して
娘とぶつかり合い・・・その中で
一番、まともだったのが
自己愛性人格障害と言われた少年でした。
「2人とも、先生と呼ばれる立派な人だけど・・・最低の親子だ」
と、そう言われながら渡辺美佐子さんと娘の親子の絆が
少年のおかげで回復していくという映画でした。

傲慢であると言われる自己愛性・・・
何が狂気であるのか・・・内実の自分自身が露呈した時
自己が誰しも持ち合わせている狂気に気づかない人間こそが
綺麗事を吐きながら傲慢に生きている様を描き出した映画でした。

作品自体は、そんなに魅力のあるものではないですが
心理を学んでいる人たちは、一見の価値ありだと思います。
posted by junko at 00:32| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

凱旋門賞 ナカヤマフェスタ

ishizaka006011.jpg

競馬秘書の御仕事を辞めてから数年間たっていますが
ネット中継・録画という便利なものが誕生し
たまに録画を見ています。

ロンシャン競馬場で行われる世界最高峰と
呼ばれるレースが行われて「ナカヤマフェスタ」という
日本のサラブレッドが2着となり「YouTube」から観戦していました。

エルコンドルパサー、ディープインパクトなどが
善戦したレース。
ナカヤマフェスタの父ステイゴールドの現役時代は
「善戦マン」と呼ばれて
どんなレースにでも3着に来ると言われた細身の馬でした。
どちらかというと長い距離が得意そうな体型。

凱旋門賞を見ていて
叔父が小さい頃、牧夫として面倒をみていた
「ナリタブライアン」という競馬史上に
死亡した現在でも名をとどろかす競走馬がいましたが
あの馬なら
ロンシャンの芝や距離などなんのその・・・だったかな・・・。
ブライアンのフォームは背中が沈む超高性能なエンジンが特徴でした。

それにしても
ナカヤマフェスタは強かったです。
優勝場はイギリスのダービー馬だそうで
その馬相手に、1度は先頭に立ったのですから・・・。

写真は、私には絶対、肖像権を主張してこない
カラブラン号です。
最近、会っていないので、凱旋門賞を見ていて
「たまには、会いにいってみるか!」なんて
故郷に思いを馳せてしまいました。
posted by junko at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

即席ワンタンスープ

wan.jpg

夕食前に、ちょこっと御腹が空いたので
冷蔵庫にあった、インスタントのワンタンを使って
スープを飲みました。

お料理というほどのことでは無いのですが
葱を入れて沸騰した御湯にワンタンを入れて少し煮て
トマトピューレを入れてから味を整えただけ。

北海道人は、お葱の青い部分も使います。
東京ではどつちだろう・・・。

お好みによっては
御醤油をたらしたり、粉チーズをふり掛けたりして召し上がれ。

超・簡単クッキングでした。(笑)
posted by junko at 17:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

煙草を持つ手も根元まで・・・

s-aki_memory-b2.jpg

そういえば・・・お爺ちゃんの人差し指は
心持ち爪の隣が黄色かったような気がします。

今日から値上げ!煙草のことです。
一昨日、アマゾンで電子煙草も買いました。
フロイト先生の言うとおり、バブバブの方が
効果があるかな・・・と思ったのですが
いくら私でも、人前では抵抗があります。

超・愛煙家の私でも100円以上も値上げされると
ちょっと、考えます。
今日から、しつこく根元まで煙草をいただいています。
25カートンほど、自室にあります。
おかげで財布が寂しいです。

今まで「先生、長いうちに消すんですね」なんて
著作をしている会社の皆様(皆様、愛煙家)に言われていました。

依存症と呼ばれる「喫煙」も
憲法で認められている権利ですので、堂々と吸ってはいましたが・・・。

私も、他のものとは違って煙草とコーヒーだけには
未練たらたら・・・。しつこいのです。
そして、考えました。
昔は「労働者煙草」と言われた「エコー、しんせい、わかば」など
両切りで無いのは「わかば」かな?
そうだ!わかばなら値上げ後も290円で済む! ! !

「わかば」は、キツイタイプの煙草なので
今からニコチン増やしておこうっと♪
どのみち。。。止める気もない自分を、よく知っている私です。
posted by junko at 17:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。