2012年01月23日

論拠の無いもの・・・

kuro.jpg

カウンセリングハウスConcierge順子から
徒歩1分足らずのところに「kuroyuri」という美味しいパン屋さんが
あります。写真はフレンチトーストにカスタードクリームを
はさんだ1品。パンだけではなく、中身も丁寧に、しっかりと
作られている食事と言える数々の種類のパンが朝7時から勢ぞろい。
ピロシキやフォカッチャも人気の品。

放射性物質付着瓦礫問題。
以前、聞きかじったことですと、付着していない瓦礫と混ぜて
線量を計り発表するというトリックを
わざわざしていたようですけれど
これって、塩ラーメンに塩を入れ過ぎたけど
お湯を足したら、なんとか、食べられたわぁ・・・
でも、最初に入れた塩の量は変わらないというのと理論は同じなんですよね。

政府と官僚って、随分と稚拙なトリックとか、言葉の詭弁が多くて
ムカムカするのは、この辺りもあるのではと思っています。

北海道に来てからは、随分、食事を選んで食べられるようになりました。
東京にいた時は、近所のスーパーの値が上がった「関西の水菜」と
北海道からやってきた「おやつ類」しか選べなかったなぁ・・・

窓を開けて外の空気を吸えるのも嬉しいことの一つです。
日常、気づかなかった「当たり前」のことを無くしてしまった日本。
せめて、自給率210%の我が大地を守らないと
将来的には「飢える」ことが予想される日本。
(ノースティック財団/北電またはモンサント社の遺伝子組み換え食品は私は食品から抜かしています)

瓦礫問題/脱原発の日ブログより
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11142095881.html

なんの検証もせずに、国民の生命を危険にさらし
「解らないけれど燃やしてみる」という結論ありきの無能政府・官僚
いぇ、確信犯かもしれません・・・
論拠や根拠が理解不能なのは「放射能は安全だ」という論文。
プルトニウムを飲んでも安心?
でも、飲んだ時、むせて肺に入ったら1粒で癌でしょ。

琉球大学名誉教授・矢ヶ崎先生は
内部被曝、体内に入った放射性物質は
たとえ、排出されることがあっても既に体内で放射線を
放ち細胞を傷つけている。
うーーーーん、まさしく、理解も納得も出来ますね〜。

カウンセリングハウスConcierge順子 http://www.concierge-junko.com/
posted by junko at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。